2009年05月07日

バイデン、イスラエルに入植地拡張停止の圧力

2009年5月6日、ワシントン
 アメリカは火曜日、パレスチナ国家が目標と認めること、また占領地のユダヤ人入植地拡大を停止することと、イスラエルの右派新政権への圧力を増大させた。
「イスラエルは二国家解決に向け務めなければならない-こんなことは聞きたくないとしても-しかし、入植地を建設しない、存在する前哨拠点を解体する、パレスチナ人の移動の自由と経済的機会への接近を認める」と、副大統領、ジョー・バイデンはAIPAC会議での演説で語った。
 全文:THE DAILY STAR


posted by mizya at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。