2009年05月16日

イスラエル、不在者財産法のもと土地没収を激化

2009年5月14日、エルサレム
 エルサレム住人(Jerusalemites の訳語ということで)は、不在者財産に関する不動産の場合、イスラエル法廷に訴えてはならないと、ハティム・アブドル・カデル、パレスチナ首相、サラーム・ファイアドのエルサレムアドバイザーは、水曜日、警告した。
 警告は、外国に、ことさらヨルダンに暮らすエルサレム住人に与えられ、エルサレムの弁護士に委任する誰もが、イスラエル裁判所立ち会いのもと、所有地から借地人を立ち退かせる実例が綴られる。
「そのような問題でイスラエル法廷に訴える誰もが、パレスチナ人、アラブ人の合法性の議論に直面することになる」と、アブドル・カデルは語る。
 というのも、建国されたばかりのイスラエルにより制定された、1950年不在者財産法で、1947年11月29日以降のいかなる時点でも、アラブ諸国のいずれか、あるいはイスラエル領土(イギリス委任統治下の定義で)のイスラエル国家ではない領域(西岸とガザ)に向かった、「永住」権放棄の地主は誰も、イスラエル国家内のいかなる財産も、自動的に、不在者財産保護の名目により、没収され、続いてそれら財産は国家に移される。

 イスラエルの法律は訳し難い、まあ、いつも適当な訳としても、ことさら骨が折れる。この「不在者財産法」で、建国当時、領土を拡張していったが、現在はエルサレムを拡張している。
 全文:Ma'an News Agency


posted by mizya at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。