2009年05月16日

子どもに対する戦争犯罪:ガザ攻撃で313人の子どもが殺された

2009年5月14日、ReliefWeb
 今日発表された報告書は、2008年12月27日から2009年1月18日まで23日間で、イスラエル軍によりガザで殺害された子どもの実相を明示する。
 パレスチナ人権センター(PCHR)は、最近の作戦でイスラエル軍に殺戮された子どもの数の多さ(18歳以下の子ども313人)への返答として「子どもに対する戦争犯罪」を発行した。多くの 目撃証言を含む報告書は、武装していない子どもを含む一般市民への、イスラエルの攻撃を通した広範な標的を明るみに引き出す。
 全文:ReliefWeb
 報告書(英語版PDF)の全ページ:RCHR


posted by mizya at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。