2009年05月16日

「ガザに戻って死ね」

2009年5月8日、ALJAZEERA.NET
 2007年のイスラエルによるガザ封鎖以来、重症患者のパレスチナ人だけが、イスラエル当局から認可と安全証明を受けて、どこかよそでの医療を求めることができた。
 しかしながら、患者が治療のためガザを離れる特別許可を得ることは、官僚的闘いであり、多くが言うには、紐を巻き付けるようなもの(たぶん首に)。
 イスラエル組織、人権のための医師団(PHR)によると、パレスチナ人患者が不可能な選択:イスラエルへの情報提供者になるか、あるいは治療なしでガザに留まるか、を迫られることは増大している。
 全文(イスラエル人権のための医師団代表へのインタヴュー):ALJAZEERA.NET

 アーカイヴ:GSS(シャバク)のエレツ検問所での慣例を逸脱した手法(5月05日)


posted by mizya at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | interview | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。