2009年05月16日

ノルウェー国会議員: 占領への投資が可能なら倫理規定を改正すべき

2009年5月15日、ベツレヘム
 ノルウェー倫理委員会は、2週間以内に、世界最大の政府年金基金、ノルウェー政府年金基金のアフリカ-イスラエルへの投資を査定するため、イスラエルと西岸を旅行することになっている。
 その訪問に先立ち、ノルウェー左派社会党のメンバー7人の代表団は、今週、西岸のイスラエル占領と、ガザ封鎖とイスラエルの戦争での破壊の視察で、西岸とガザを旅した。
 下院議員、ベール、党の国際関係報道官は、ノルウェーのアフリカ-イスラエル投資会社への出資について「わたしたち党として、人権を犯す企業への出資は支持できないし、占領と戦争への貢献であることに疑いない」と、電話取材で断言した。
「状況視察の後では、果たしてイスラエルは和平を望んでいるのだろうか?」と代表団は自らに問わざるを得ない、とも語った。
 全文:Ma'an News Agency

 アーカイヴ:11組織がノルウェーに資本引き上げ要請の公開書簡(5月08日)
       ジャイユースからノルウェーへの公開書簡(5月06日)
       イスラエル入植地の住宅、外国バイヤーに売られる(5月01日)
       ノルウェー政府と銀行が入植地建設会社に出資(4月30日)



posted by mizya at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。