2009年05月17日

「希望」コンヴォイにわずかな遅れ

2009年5月15日、ガザ
「希望」コンヴォイのオーガナイザーは、エジプトに到着、エジプト政府が問題なくラファゲートを通過させるよう望んでいる。
 コンヴォイの旅程が修正されたと、ガザ封鎖解除ヨーロッパ・キャンペーンの代表、アラファト・マディは語った。「人道的コンヴォイの目的にエジプトの理解はある」と「しかし、コンヴォイがガザに到達する前に、完了しておくべき確実な手順がある」
 ガザへのこのコンヴォイは小さくない:ヨーロッパの国会議員と活動家、12台の救急車と何十もの医療品積載の車を含む。 3年前のガザ封鎖の始まりから、コンヴォイ・コーディネータ、ラミ・アブドは、人道支援を得るため、諸国を行脚した。
「既にカイロに到着したヨーロッパの国会議員がいて、ガザに向かおうとしている。コンヴォイは、医療機器と、ことさら視覚・聴覚障害者のための現代器機が積まれた何十も軽トラック、同様に医療設備が整った12台の最新の救急車が含まれる。コンヴォイは、ヨーロッパの個人とNGOからの寄付の賜物」
 ガザ封鎖解除ヨーロッパ・キャンペーンは声明を発表し、エジプト政府に望むことは、コンヴォイがラファ・ゲートを通過できること「現在までのところ、コンヴォイはエジプトで障害に直面していない」と強調した。
 声明はさらに「これは医学的コンヴォイであり人的交流である。ラファ・ゲートを通るコンヴォイの入域を容易にする適当なエジプト官僚との接触もあり、現在までのわたしたちに利用しうる指標は楽観的だ。」とした。
 封鎖を解くのは、正しい方向への一歩、ヨーロッパ・キャンペーンは「ガザの再建のために、物資に通り道が開かれること、そして封鎖下にあるパレスチナ人への人道支援導入は緊急となった」と強調した。
 全文:Palestine News Network

 アーカイヴ:「希望」コンヴォイが金曜日、アレクサンドリアに到着(5月16日)
        Free Gaza Movement 『希望船艦』2009年6月(4月29日)
       フリー・ガザ『希望船艦』への支援と、イスラエルによる封鎖打破に支援を!(4月06日)


posted by mizya at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。