2009年05月18日

ノルウェー労働組合: 和平合意失敗ならイスラエルをボイコット

2009年5月16日、HAARETZ/com
 ノルウェー最大の労働組合は、土曜日、イスラエルがパレスチナとの和平合意に達しないなら、国際的ボイコットを主導するようスカンジナビア諸国に促した。
 全労働者の1/3以上で構成されるノルウェー労働組合連盟は声明で、イスラエルとパレスチナどちらも、安寧に生活するに足る、これが達成されないなら、イスラエル政府は責任を負わねばならない、と述べた。
 組織は「不法占領」の停止、1967年境界の尊重、入植地拡大の停止、「安全」障壁の撤去をイスラエルに勧告した。
 国連は、このため積極的な役割を担うべきであり、これらの努力が失敗に帰すなら、ノルウェー政府はパレスチナ領土の占領に対し国際的キャンペーンを主導すべきとしている。
 原文:HAARETZ/com

 アーカイヴ:スコットランド労働組合がイスラエルに対するBDSに参加(4月25日)


posted by mizya at 15:05| Comment(0) | TrackBack(1) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

スピークアウト for アクション〜イスラエルを変えるために
Excerpt: …イスラエルに対して何ができるか、継続的な働きかけを模索する集まりが今月末に東京で開かれる。
Weblog: 弱い文明
Tracked: 2009-05-18 23:07
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。