2009年05月21日

「希望」コンヴォイ: エジプト政府が妨害

2009年5月19日、カイロ
 ヨーロッパの「希望」コンヴォイの何十人もの参加者は、エジプト当局が、滞在ホテルから出かけるのを、また封鎖されたガザへのコンヴォイの到着を妨げている、と表明した。
 ギリシアの参加者、ニコラス・クラクスティンが、火曜日、クッズ・プレスに語ったところでは、エジプト当局が、アレクサンドリアの港に停泊する船から支援コンヴォイの荷下ろしを許さず、ポートサイド港に船を停泊させるよう注文した。
 船に先約があるため、コンヴォイ・オーガナイザーは別の船の手配を試みたが、エジプト当局は別の条件をつけてくると彼は付け加えた。
 コンヴォイは、火曜日、参加者がポート・サイドに向けカイロを発った後で、ポート・サイドからラファ・ゲートに向かうと目されている。
 全文:The Palestinian Information Center

 アーカイヴ:「希望」コンヴォイにわずかな遅れ(5月17日)
       「希望」コンヴォイが金曜日、アレクサンドリアに到着(5月16日)
       「希望」コンヴォイ、ガザに向けて(4月20日)


posted by mizya at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。