2009年05月23日

「いかなる」入植活動も停止せよ

2009年5月21日、ワシントン
 米国務長官、ヒラリー・クリントンは、水曜日、入植地建設に対し、自然増加のための建築凍結要請を含む、強硬路線を取った。彼女の声明は、米大統領、バラク・オバマの、ベンヤミン・ネタニアフ首相へのこの問題に関する表現と対照をなす。
「入植地建設-拡張、自然増加、いかなる入植活動も-それが大統領が要求したところのものだが、の停止を見たい」と、クリントンはアル-ジャジーラのインタヴューで語った。
 シモン・ペレス大統領は、5月始めのワシントン訪問で、入植地の自然増加を収容するための建設について話し合った。 「子供たちは屋根の上に住めない」と彼は言った。
 イスラエル大使館は、新たな入植地建設をしない誓約は守るが、これには自然増加を収容する住宅建設は含まれないと考えていると語る。
 全文:HAARETZ.com

 アーカイヴ:米、ユダヤ人入植地停止に圧力倍加(5月21日)
       オバマとネタニアフの違い(5月20日)


posted by mizya at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。