2009年05月23日

米、イスラエルの核に「聞かざる言わざる」保持

2009年5月21日、エルサレム
 米大統領、バラク・オバマが、イスラエルに核兵器の有無を明らかにするよう強いることはないと、木曜日、イスラエル官僚は語った。
 彼は、ワシントンが何十年も続く「聞かざる、言わざる」の古びた政策に固執すると語る。
 外交を通じ、イランの核計画を抑止するオバマの努力は、地域的武装解除支配の一部として、イスラエルが秘匿する能力を明らかにするよう求めるとの思惑を広めた。
 しかし、イスラエル外交官は、ベンヤミン・ネタニアフ首相が今週、ワシントンで、オバマとの最初の会談に臨んだあと 「これは一度も起こらなかったし、この政権では起こらないだろう」と語った。
「二国間協議のあらゆるレベルで」米国のメッセージは伝えられたと、外交官は語る。
 全文:REUTERS

 アーカイヴ:米官僚がイスラエルの核兵器に言及(5月09日)


posted by mizya at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。