2009年05月25日

イスラエルがガザへの攻撃に劣化ウラン弾使用

2009年5月23日、ジュネーブ(KUNA)
 核爆弾総解体市民行動(ACDN)は、土曜日、イスラエルの「キャストリード作戦」攻撃で、ガザの地に、最大で75トンの劣化ウランが落とされた可能性はかなり高いと結論する、33ページの報告書が仕上がったと語った。

 作戦は、2008年12月27日から2009年1月18日の間、最初の数日、シーファ病院で人道支援をしていたノルウェー人医師、マッズ・ギルバートは、犠牲者の身体に放射性物質、恐らく劣化ウランが存在するのを糾弾した。
 この告発は、関係者と汚染拡散のコンサルタントで国連環境(UNEP)信任の専門家、ジャン・フランソワ・フェチノの支援を得て、緊密な連携で行われた調査の数ヶ月後の今、より強力に現れている。
 2009年4月に、フェチノを含む4人の使節団は、アラブ人権委員会の援助でガザに行った。
 彼らがガザから持ち帰った土と埃のサンプルは、研究所専門家により分析され、劣化ウランの要素(放射性、発癌性、と、もうひとつ翻訳不可)、セシウムの粒子(放射性、発癌性)、アスベスト粉塵(発癌性)、揮発性有機化合物(健康、特に子ども、喘息患者、および高齢者の健康を危険にさらす細粒のVOCs)、燐酸塩(酸化白リン)、タングステン(発癌性)、銅、酸化アルミニウム(発癌性)、および酸化トリウム(ThO2は放射性)が発見された。

 原文:KHABREIN.INFO


posted by mizya at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。