2009年05月27日

UNRWA 報告書:ガザのパレスチナ難民

国連パレスチナ難民救済機構(UNRWA)は、ガザの何十万ものパレスチナ難民の状況が、イスラエルの封鎖で悪化していると報告する。

 UNRWAは、封鎖の終止と、パレスチナ人への、国際的支援を要請する。
 UNRWA報告書には、ガザのパレスチナ難民の状況が、昨年末のガザに対するイスラエルの戦争以前、悲惨だったと、戦争が停止してから、状況はさらに悪くなったとある。UNRWA健康プログラムのディレクター、グイド・サバティネリは、封鎖の継続的負担は今、ガザの人びとの健康と福利に、より重大な結果をもたらしていると語る。
 彼は、3週間戦争開始以前、UNRWAは4,000品目の必需品を輸入できたが、今や、40品目しか許されない、と言う。
「したがって、UNRWAは破損したヘルス・センターも倉庫も修理できない。建築資材の搬入が許されていないので、学校も修理できない。紙がないので、子どもたちの教科書印刷も難しい。そして診療所では、患者の医療データ(恐らくカルテ用紙がないので)さえ不足している」とサバティネリは語った。
 UNRWAは過去60年間パレスチナ難民の世話をしてきた。 現在ではほぼ500万人、ほぼ200万人がガザと西岸に住み、他は、レバノン、シリア、ヨルダンに住む。
 原文:RAMATTAN


posted by mizya at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。