2009年05月27日

「希望」コンヴォイが最終的にガザに

2009年5月26日、IMEMC
 ガザへの支援物資を積んだヨーロッパ「希望」コンヴォイは、月曜夜、当初、支援コンヴォイの入域を拒絶していたエジプト当局との合意に達した後、ラファ・ゲートからガザ入りを果たした。

「希望」コンヴォイのコーディネータ、ラミ・アブドは、12台の救急車両を含む40台のトラックが、エジプトのコンヴォイとともにガザに入れる活動家の数を制限するという条件で、ラファ・ゲートからガザ入りを果たした、と述べた。
 エジプトは、ヨーロッパ国会議員を含む100人以上の活動家のうち22人ほどに、ガザ入りを許した。
 コンヴォイ・メンバーは当初、エジプト当局が彼らのガザ入りを拒み、ゲートを離れるよう命じた後、ヨーロッパに戻ると決めた。
 全文:International Middle East Media Center

 関連記事:「『希望』コンヴォイ、ガザへの限られたアクセス」Ma'an News Agency

 アーカイヴ:エジプト当局が「希望」のガザ入りを妨害(5月26日)
       ガザ「希望」コンヴォイのアクセスを制限(5月25日)


posted by mizya at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。