2009年05月27日

イタリア上院議員、ガザ封鎖への世界の沈黙を非難

2009年5月26日、ガザ、www.chinaview.cn(新華)
 イタリア国会議員は、火曜日、ハマース統治のガザにおけるイスラエルの封鎖に対し、国際社会の怠惰な姿勢を酷評した。
 ガザに対する、この封鎖に「ノー」を言わず、この弾圧に「ノー」を言わないひとは、パレスチナ人の自由に反対していると、月曜夜、ヨーロッパ支援コンヴォイとガザに到着したイタリア上院議員、フェルナンド・ロッシィは語る。
「わたしたちの誰も、ガザに入った者も外に留まった者も、ガザ人の思考と心を共有する」と、ハマース労働大臣、アフメド・アルクルドゥと臨んだ記者会見で、彼は語った。
 全文:China View

 アーカイヴ:「希望」コンヴォイが最終的にガザに(5月27日)


posted by mizya at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。