2009年05月28日

終わりなき撤退

2009年5月27日、HAARETZ.com
ネヘミア・シュトゥラスラー
 マオズ・エスターは非常にフレキシブルな前哨基地だ。 事実上、それは入植者と政府との口頭合意の一部である。 アメリカからの圧力の度、警察は命令を受け、それら設備を移動し、何百人もの警察官が小さい前哨基地を撤退させる。命がけで彼らは、4つのブリキ小屋、2つのテント、トイレとシャワーを含む木造建築を解体する。
 翌朝、入植者はそこに戻り、ブリキ小屋とテントを建てる。 地域委員会が、電力と給水を復元、ゴミまで収集する(不法前哨基地であるにも関わらず)。
 そして入植者は、次の撤退まで静かに待つ。 これがマオズ・エスターで4回あったので、だれも驚かない。アメリカを目くらまし、西岸全体を覆う工事から注意を逸らすために、どちらもそれぞれの本分を尽くす。
 2003年4月、ロードマップが提示された時、イスラエル政府は、22の不法前哨基地解体に専念した。だからどうだ。 それは犯罪だった。 一方で、政府からの合図で、何十もの前哨基地が造られた。というのも、わたしたちは世界中を-ことさらわたしたち自身をだます方法を知っているから。
 今週の閣議で、ベンヤミン・ネタニアフは「我々は新たな入植地は建設しない」と、語った。しかし、同じ呼吸で「自然増加に対する解決を提供しないのは、公正ではない」とつけ加えた。最善なIsrabluff(恐らく「イスラエル騙しのテクニック」を意味する造語):あらゆる共同体が、近くの丘かパレスチナ農地を占領して、道路を敷設、家を建て、これを「自然増加」と呼ぶ。
 新たな入植地でない、新たな近隣だと彼らは言う。 そこに新たに入植する移民さえ「自然増加」と考えられる。
 入植者には目的がある-どんな領土の解決も不可能にする事実を地面に刻むという。パレスチナ国家も、たとえ、分割されたカントン国家でさえも。
 全文:HAARETZ.com



posted by mizya at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。