2009年05月29日

パレスチナがイスラエル大学ボイコットを求める理由

パレスチナ・アカデミック連合は、「正義のための戦い」を支援し、ボイコットを支持するようイギリス人同僚に促す
アムジャッド・バルハム
2009年5月26日、guardian.co.uk
 パレスチナ人アカデミー会員は、イギリス人アカデミー会員・学生-後者は、12月・1月のガザのパレスチナ人に対する残忍なイスラエルの戦争の後で起こった、創造的「学生占拠運動」で証明された-の連帯のほとばしりに勇気づけられた。
 パレスチナ学界が国際的同僚から期待するのは何か?
 全文:guardian.co.uk

 アーカイヴ:ガザについての大学占拠(5月02日)


posted by mizya at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。