2009年05月30日

イスラエル政権、エルサレムでの表現の自由と文化に対する深刻な弾圧

2009年5月29日、エルサレム
 被占領エルサレムでの文化的芸術的努力は急速に閉め出されている。
 パレスチナ政府による、あるいは民間団体による後援か否かに関わらず、活動のための、あるいは芸術家や知識人への免除はない。
 最近の攻撃は昨日、パレスチナ文学の祝賀の閉会式に訪れた。イヴェントは、パレスチナ国立劇場で予定されていた。イスラエル占領当局は、同様に、オープニング・セレモニーも妨害した。
 イスラエル公安大臣は、パレスチナ政府による後援の集会は禁止されていると語る。
 先週、フランス文化センターでのイベントも、禁止された。
 パレスチナ国立劇場の支配人は、今日、今回の閉鎖は他のと異なっていると語った。 イスラエル警察は、劇場に留まる誰であれ逮捕すると脅して、すべてを追い出した。
「制限は頻繁になり、エルサレムの表現の自由と文化は深刻に脅かされている」
 パレスチナ人文学イベントの閉会祝賀には、イギリス、米国、南アフリカ、エジプト、および海外在住のパレスチナ人参加者が含まれた。
 禁止されたイヴェントのオーガナイザーは、文化の力は銃ではないが、知識、認識、成熟の兵器であると語る。「現実を示す試みにアイデンティティを維持する」。イヴェントはパレスチナ人と海外の対応者との文学文化交流における最後の式典として予定された。
 プログラムの一部として、国際代表団は、今週、西岸、ベツレヘム、ラマッラ、ビルゼイト大学、ジェニンのアメリカン大学、ヘブロンのポリテクニックなどへ文学ツアーした。 彼らは多くの大学生、芸術家、作家に会った。
「文化は、市への脅迫、日常の体験、民族浄化の過程に直面して、アイデンティティと存在を確認するエルサレム人の兵器である」と、エルサレムの劇場支配人は語った。

 原文:Palestine News Network

 アーカイヴ:パレスチナ文学フェスティヴァル2009(5月29日)
       武装イスラエル警察、パレスチナ・フェスティヴァルの初日に劇場閉鎖(5月25日)


posted by mizya at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。