2009年06月04日

ガザ支援物資はまだエジプト

2009年06月03日、The Electronic Intifada

090603-gaza-aid_1.jpg
ガザ支援の袋はアル-アリーシで炎天下に晒されている
リーナ・アタッラ(IRIN)

 北東エジプトの都市、アル-アリーシとラファの適切な倉庫施設の不足は、ガザへの食糧と他の支援物資を届ける上で、ボトルネックとなり非能率と非難される、と元エジプト支援上級職員は語った。
 アル-アリーシで唯一機能する倉庫は、エジプト赤三日月社(ERCS)にいくらかのスペースを割り当て、世界食糧計画(WFP)に部分的に賃借されたと、2008年6月から2009年4月まで、エジプト赤三日月社援助業務のトップだったアフマド・オラビは語る。アル-アリーシに到着する寄付された食糧支援のすべてが、適切に収納できたわけでなく、これは何らかの消耗となった、と彼は言った。
 全文:The Electronic Intifada
ラベル:ガザ エジプト
posted by mizya at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック