2009年06月09日

エルサレム鉄道運転手は見捨て、テルアヴィヴ・グループは応答なし

2009年06月09日、HAARETZ.com
 エルサレムとテルアヴィヴの軽鉄道プロジェクトは、どちらも困難に直面する。将来のエルサレム軽鉄道へのボディーブローで、工事完了後、鉄道システムを運行するとみられていたフランス企業、ヴェオリアは、プロジェクトを見捨てた。
 テルアビブに移動すると、市は、MTS、都市鉄道システム構築共同企業体に提供した、争点に決着をつける妥協への返答さえ得ることができない。1ヶ月待っても返事はなく、政府関係者に少なからず狼狽を引き起こしている。
 エルサレム・システムでは、ヴェオリアは、将来の列車運行だけでなく、軽鉄道共同企業体、シティパスに5%の株式を売ろうとしている。
 この数日、ヴェオリアは、イゲドゥかダンバス共同体に、プロジェクト運行を引き継ぐか探りを入れてきた。
 全文:HAARETZ.com


posted by mizya at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。