2009年06月12日

弁護団:イスラエル、ガザ攻撃にウラン使用

2009年06月11日、ガザ
 ハマース統治のガザに対する、イスラエルによる戦争犯罪の可能性を調査する弁護団は、木曜日、ユダヤ人国家は封鎖された領土への攻撃にウランを使用したと語った。
 調査結果は、イスラエルがガザでの戦争にウラン物質をかなり使用したと示したと、イスラエル戦争犯罪への国際同盟のHaitham Mannaは、ガザでの記者会見で告げた。
 当初、フランス研究所は「わたしたちにウクライナからの許可を得るよう求めた、というのも、多量のウラニウムがみつかったので、彼らはサンプルがチェルノブイリ事故の影響範囲から入手されたと信じていた」とMannaは、新華社に語った。
「わたしたちは、サンプルを集めた場面から、位置と情景を調整するGPS(全地球測位システム)をも研究所に提供した」と彼は付け加えた。
 サンプルは、イスラエルが3週間の攻撃を終わらせた1月18日後のガザから、禁止兵器を含んだか調べるために収集された。
 フランス、イタリア、イギリスの研究所が発表した結果のいくつかは「サンプル採取の地域での劣化ウランの量は75トン以上で、これはガザの過密化している場所にとって非常に危険な割合」と示したと、Mannaは語った。
 ガザ-エジプト国境地帯とガザ市北東から集められた、パレスチナ救急車のエアフィルタと兵器の断片を含む、およそ25のサンプルが研究所に渡された。
 全文:新華社

 アーカイヴ:イスラエルがガザへの攻撃に劣化ウラン弾使用(05月25日)



posted by mizya at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。