2009年06月13日

裁判所、建築業者を入植地で訴えることができるか決める

2009年06月10日、ISM
ジャニス・アーノルド
 ケベック裁判所は、西岸の論争の土地にユダヤ人入植者のための住宅を不法に建設してきたと申し立てられた、カナダ拠点の2企業に対する訴訟を、ここで裁判できるか決定する。
 6月22、23日と25日、ケベック高等裁判所は、企業側弁護士の却下の申請を審問する予定だ。
 去年7月、パレスチナの村、ビリン町議会と住人のひとりにより提出された訴訟は、ケベックに登録される企業、グリーン・マウント・インタナショナルとグリーン・パーク・インタナショナルが、国際およびカナダの法律に違反していると主張する。
 仮に却下の申請が拒絶されるなら、これは、パレスチナとイスラエルの間の論争の領域に、ユダヤ人入植地建設の企業への訴訟で、外国の裁判所が裁判を受諾する最初のものとなる。
 全文:INTERNATIONAL SOLIDARITY MOVEMENT

 う〜ん、ジョージ・ギャロウェイのカナダへの入国も裁判になって却下されたしなぁ〜

 アーカイヴ:モントリオール開発業者、西岸ケースの却下を模索(06月11日)
       カナダ、ジョージ・ギャロウェイの入国を拒否(03月23日)


posted by mizya at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。