2009年06月13日

マスターカード:「過激入植者」支持で告発

2009年06月11日、The MidEast News Source
ベンジャミン・ジョフィ-ウォルト
 イスラエル和平組織は、東エルサレムの集落からのパレスチナ人追放への異議をとなえ、マスターカードに対する国際キャンペーンにのり出した。
 左翼イスラエル活動家グループ、グッシュ・シャロームは、イスラエルのマスターカード会社、Isracardにより発行される月次計算書に、右翼イスラエルのグループEladのクーポンが包含されることに異議をとなえる。グッシュ・シャロームは、Eladによる運営の「ダヴィデの古代都市ツアー」の割り引きを提供するクーポンは、東エルサレムの「ユダヤ化」促進を助けると語る。
 全文:The MidEast News Source

 関連記事:「ISRACAED、グッシュ・シャロームを訴えると脅す」Gush Shalom


posted by mizya at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。