2009年06月13日

村が占領から利益を得るカナダ企業を訴る

2009年06月11日、The Electronic Intifada
デボラ・ガターマン
 小さなパレスチナの村、ビリンは、今月、被占領パレスチナ領域の植民地化を支援し、そそのかして起訴された、カナダの2つの企業と対抗する。
 ビリンは、グリーン・パーク・インタナショナルとグリーン・マウント・インタナショナルを、不法に住宅と他の入植地基盤を村の領域に建設し、イスラエル国家の一般市民にそのような建造物を販売しているとして、告訴した。 問題の分譲住宅は、Matityahu Eastとして知られる入植地近隣に位置する。
 まだ予備段階で、訴訟は、イスラエルの拡張主義の野心と法人組織の関心のいかがわしい組み合わせを解明する。ビリンを代表して、アフマド・イッサ・アブダッラ・ヤシンが議長のビリン村議会は、国際法違反への企業の責任を負わせようとしている。
 カナダ人弁護士、マーク・アーノルドによって、2008年、提出された訴訟は、イスラエルによる、村の土地をパレスチナ支配から「切断」し、その領域の支配をイスラエルが計画する協議会に移すのを告発する。そして、領域開発権はグリーン・パーク会社に売られた。
 全文:The Electronic Intifada

 アーカイヴ:裁判所、建築業者を入植地で訴えることができるか決める(06月13日)



ラベル:ビリン
posted by mizya at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。