2009年06月14日

AIPACの壁がひび割れ始める

2009年06月09日、t r u t h o u t
Ira Chernus
長年、AIPAC (The American Israel Public Affairs Committee)は、米国での批判から保護する、イスラエル政府を囲む堅固な壁の構築により、中東和平プロセスの妨害を助けてきた。上院議員も代議員も、ユダヤ票が取るにたらない州や地方でさえ、選挙日が来るとAIPACの復讐を恐れた。パレスチナ人に対するイスラエルの政策について、個人的に何か考えたとしても、彼らは沈黙をまもった。

 わたしは、新たに選出された下院議員の補佐官と話したとき、去年の選挙の直後の過程をかいま見た。どんな組織化されたユダヤ人コミュニティもない地方の代議員であるその新議員は、キャンペーンが始まったとき、中東に関してほとんど何も知らなかった。代議員はこの問題を、その地方出身者でないが、キャンペーンへの気前のいい寄付者であり、AIPACの方針の忠実な支持者である一握りの裕福な民主党員に「教育」されたと、補佐官はわたしに言った。 それが、国全体にわたりいかに機能するかということだ。

 あるいは少なくても、それが以前、いかに機能していたか、ということだ。今や初めて、AIPAC自慢の政治的宮殿にひび割れの兆候がある。分断争点は、イスラエルに対する、西岸入植地のすべての新規建設、イスラエルが「自然増加」収容のための拡大と呼ぶものを含んで停止という、オバマ政権の公的要求だ。

 続き(訳すには少し長い):t r u t h o u t


ラベル:AIPAC
posted by mizya at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。