2009年06月14日

キャスト・リード作戦:子どもに対する戦争犯罪

2009年06月12日、Stephen Lendman、シカゴ

 イスラエルのキャスト・リード作戦に続いて、パレスチナ人権センター(PCHR)は、ガザの子どもたちの死傷者を記録し、5月に発表した。それは「(イスラエル国防軍の)ガザへの攻撃の間に殺された(また負傷した)空前の数の子どもたちへの返答」だった。 国際基準によれば、子どもの権利条約(CRC)の定義は、18歳未満のだれにも適用される。
(以下全文で)

序論
 2000年9月の第二次インティファーダ以来、イスラエル軍は、何十年も続く、被占領地の何百万人もの、ほとんどは民間の男女、子どもたちであるパレスチナ人に対する集団懲罰政策の一部として、ガザでの865人を含む1179人の子どもを殺した。
(以下全文)

国際人道法(IHL) 子どもの保護
 第四次ジュネーヴ条約、国連子どもの権利条約(CRC)を含む様々な法律が適用される。保護される人びととして、彼らは意図的な殺害、強制、体罰、拷問、集団的刑罰、報復から保護されることになっている。
 CRCは、民事・文化・経済・政治・社会を含む、子どものためのすべての人権を組み込む、最初の法的拘束力ある国際文書だった。それらは今や、彼らの権利を支持する譲渡できない基準と義務として広く合意される。
(以下全文)

真実と虚偽:キャスト・リード作戦と民間人の死
 続きは:The Palestine Chronicle

 アーカイヴ:子どもに対する戦争犯罪:ガザ攻撃で313人の子どもが殺された(05月16日)



posted by mizya at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。