2009年06月15日

激震:米国がイスラエルを支持すべきとするアメリカ人の数が1年で71%から44%に低下

2009年06月14日、Mondoweiss
Philip Weiss

 このサイトのわたしの新しいテーマの1つは、周知のように、イスラエル・ロビーが終わったということだ。 ガザとネタニアフがそれを砕いた。オバマはカイロで演説した、というのも、イスラム世界に到達する試みに、彼がユダヤ系アメリカ人から政治的支えがあると知っていたからだ。 マーティ・ペレツとチャールズ・クラウトハマーは演説を気に入らなかったが、ジェフリー・ゴールドバーグとロジャー・コーエン(Rahm Emanuel と David Axelrodも)は気に入った。それは球技だ。
今朝、Ori Nir of Peace Nowは、女たちと民主党が離脱したとする、まだ伏せられた世論調査から、わたしの意見への強力な証拠を提供した:

「イスラエル・ラジオは、今朝、スクープを報じた:イスラエル政府が平和を求めているとするアメリカ人の知覚の急落を示す世論調査データ。世論調査は、イスラエルのイメージを改善しようと努める米国の組織により行われた」。

 全文:Mondoweiss



posted by mizya at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。