2009年06月21日

ラファ検問所で何が起こっているか?

2009年06月18日、エジプト

strike-egypt-rafah-siege-israel-war.jpg

 昨日は、病気と負傷のパレスチナ人が炎天下、エジプト当局とのガザ入り合意を何時間も待つ本当に大変な一日だった。他の人びとはみな、エジプト出国を否認された。
 我らが友人、アメリカのPaki Wieland、Ellen Graves、Don Bryantは、ハンガーストライキを続行する。
 わたしたちの大使館と話した後、わたしたちは、ラファ検問所封鎖が、エジプトの排他的決定であると理解した。イスラエルはこの封鎖に関与しない。どうか、eメール、ファックスなどをエジプト大使館に送り、この状況がどれほど恥ずべきものか伝えて欲しい。

わたしたちは、子どもとアル・アリーシのホテルに行くようにElonaを説得した;エジプトが、彼らをすぐ入らせることを望んで、しかし多くのエジプト人はムバラク政権が人びとのことを気にしていないと知っている。

 全文:The Palestine Telegraph

 アーカイヴ:国際連帯活動家:ラファで抗議(06月14日)
posted by mizya at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | action | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック