2009年06月27日

Free Gazaはイスラエル・キプロス・米国からの警告にもかかわらず続ける

2009年06月26日、ベツレヘム
キプロスのラルナカ港からの航行の許可が否定された後、Free Gaza Mvementは、キプロスの「わたしたちの安全に対するすべての責任」を解除する、金曜にガザに行くすべてにより署名された権利放棄書を手渡す。

 伝えられるところによれば、キプロス当局は、Free Gazaの2隻のボートの乗組員への出港許可を、彼らの安全への配慮、海上で危害を受ける恐れがあるとして拒否した。「わたしたちは彼らの関心を理解し感謝する」と、Free Gazaの世話人、グレタ・ベルリンは声明に書いた。「わたしたちはイスラエルの脅迫や威嚇に屈するつもりはない」
 キプロスからの航行許可の拒否に加えて、Free Gazaグループは、Nicosaの米国大使館より連絡を受けた。グループによると米国代表が伝えたのは以下の通り:
「イスラエル外務省がテルアヴィヴの米国大使館職員に、イスラエルはまだガザを紛争地域と看做しており、ガザへの航行を試みるいかなるFree Gazaのボートもその目的地への到達は許可されないと、知らせてきた」
 イスラエル当局からのコメントを伝えるにあたり、米国領事館は、乗組員がイスラエルの通知を深刻に受け止めるよう助言した。

続きはこちら:Ma'an News Agency

アーカイヴ:ガザへの支援ボート:出航妨害(06月27日)


ラベル:Free Gaza キプロス
posted by mizya at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。