2009年06月29日

国連:ガザの「戦争犯罪」証言を聴く

2009年06月28日、ガザ
 国連真実調査団は、日曜日、ガザで、沿岸地域に対する12月・1月のイスラエルの戦争の被害者から証言を集める最初の公聴会を開始した。
 公聴会は、2日間続くとされ、集められた証言は来週ジュネーヴに送られる。
 委員会は、4人の専門家から成り、南アフリカ判事リチャード・ゴールドストーンによって率いられる。 彼らは、そこの国連本部で、戦争被害者・目撃者、またガザ住人専門家と会うだろう。

(中略-アーカイヴ参照)

 委員会が聞いた最初の証言は、ガザの世界保健機関の指導官からで、回廊の病院が、膨大な数の負傷者に、同様に他の患者にも、医療器機や医薬品などの深刻な不足を被り、適切な治療を提供することが不可能だったと説明した。
 彼は、ガザへの検問所の封鎖継続が、医薬品や医療器機の通過を妨げていると強調した。彼はまた、イスラエル軍が繰り返し医療スタッフを狙撃するので、負傷者への医療支援を困難にしていると、委員会に語った。また、16人の医療従事者が攻撃で殺されたと言及した。

原文:Ma'an News Agency

アーカイヴ:国連使節:ガザの戦争証言生放送(06月28日)


posted by mizya at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。