2009年07月02日

Free Gaza:ラムレ刑務所からシンシア・マッキニーの声明

シンシアの友人のひとりが、ラムレ刑務所から電話を受けた。フワイダとルブナは解放されたが、幽閉の囚人たちは、自らを"Free Gaza 21"と呼ぶ。以下、シンシアの声明

わたしたちは、イスラエル海軍の船艦がわたしたちを取り囲み、不法に脅迫し、ナヴィゲイション装置を解体し、乗り込んできて船を押収したとき、ガザの人びとに人道支援を届けるボートに乗って公海にいた。

乗り組んだわたしたちのすべてが、船から降ろされ強制収容され、イスラエルに連れてこられ投獄された。 イスラエル入国管理官は、わたしたちを維持することを望まないと言ったが、わたしたちは投獄されたままだ。国務省とホワイトハウス官僚は、わたしたちの解放を果たさず、あるいは、オバマ大統領により非難された封鎖のガザのパレスチナ人に向けた人道支援を、力ずくで封じるイスラエル海軍の不法な行動を非難する強い公的姿勢を取ってもいない。

One of Cynthia's friend received a phone call from Ramle prison. The incarcerated prisoners are calling themselves "Free Gaza 21" even though Huwaida and Lubna have been released. Below is Cynthia's statement;

We were in international waters on a boat delivering humanitarian aid to people in Gaza when the Israeli Navy ships surrounded us and illegally threatened us, dismantled our navigation equipment, boarded and confiscated the ship.

All of us on board were then taken off the ship and into custody, and brought into Israel and imprisoned. Immigration officials in Israel said they did not want to keep us, but we remain imprisoned. State Department and White House officials have not effected our release or taken a strong public stance to condemn the illegal actions of the Israeli Navy of enforcing a blockade of humanitarian assistance to the Palestinians of Gaza, a blockade that has been condemned by President Obama.


--
Greta Berlin
Free Gaza Movement
357 99 284 102
www.freegaza.org
www.flickr.com/photos/29205195@N02/



posted by mizya at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。