2009年07月09日

労働組合とNGO:ガザへの途中で拘束のアルジャジーラカメラマン解放までデモ

2009年07月08日、ガザ、PNN
ガザ沖でイスラエル軍により拘束されたアルジャジーラのカメラマンは、解放された。

 イエメン人、マンスール・アルアビは、先週の火曜日、イスラエル軍によりハイジャックされたとき、人道支援船、“Spirit of Humanity”号に乗船して、使節がガザ封鎖を破る録画をしていた。彼は最終的に、昨日、イスラエル刑務所から解放された。
 イスラエル拠点のアルジャジーラ支局長、マジド・ハデルは、アルアビが、望んで不法にイスラエル境界に入ったとの圧力をかけられていたと報告した。 「しかし、彼らは不法にイスラエルに入ったのではない」と彼は語った。「彼らはガザに向かう作戦取材で、 Spirit of Humanity号に乗船していた。彼らは上陸を強制されたのだ」

全文:Palestine News Network

アーカイヴ:イギリス:イスラエルによるFree Gaza船拿捕の問題提起(07月05日)


posted by mizya at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。