2009年07月10日

ヴァヌヌへの制約:6カ月以内に見直し

2009年07月06日、Ynet news
断罪されたアトムスパイは、最高裁に、18年の刑に服した後も、再び公的に国家安全の問題について話さないと誓わせる彼にしかれてきた制限を解除するよう求めた。
Aviad Glickman

 最高裁判所は、月曜日、断罪のアトムスパイ、モルデカイ・ヴァヌヌに対する、イスラエル出国と外国メディアに話すことの禁止の根拠は、6カ月以内に見直され、おそらく解除されると裁決した。
(中略)
 彼は、イスラエルから出ること、パレスチナ当局領域に入ること、外国プレスと話すこと、あるいは、本質的にイスラエル管轄が及ばない外国大使館に近づくことを禁じられてきた。彼はまた、行動のすべてを保護監察官に報告することを命じられていた。

 ヴァヌヌは法廷で、制約が解除されるなら、決して再び国家安全に関わる問題を公的に話さないと誓っていいと話した。彼は、シン・ベトやモサドの支配から逃れたい、永久にイスラエルから放れたいと付け加えた。

「25年は短くない」と、彼は法廷の外で記者に語った。

全文:Ynet news.com

関連記事:「ヴァヌヌ VS イスラエル」The Palestine Telegraph

アーカイヴ:ヴァヌヌを行かせよ!(04月23日)


posted by mizya at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。