2009年07月13日

フランス: 米国がイスラエルに、入植凍結6ヵ月の猶予

2009年07月11日、Haaretz/AP通信
 合衆国はイスラエルに、すべての西岸入植地建設の凍結の要求に同意するまで6ヵ月の最終期限を与えたと、フランス外相は、ベイルートへの公式訪問でレバノン対談者に語った。
 イスラエルラジオが、レバノン日刊紙、アンナハルの土曜日掲載の報道に言及した。
 報道によると、ベルナール・クシュネルは、レバノン官僚に、米国は6カ月の最終期限を延ばすことができると、仮にエルサレムが入植地建設を続けるなら、ワシントンは更新和平プロセスへの後援は提供しないだろうとも語った。

全文:HAARETZ.com


posted by mizya at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。