2009年07月13日

活動家がテントを立てる:シルワンとの連帯に世界中で

2009年07月11日、 エルサレム、Ma'an
 連帯活動家らは、イスラエル当局により、破壊されたか破壊命令がくだされた、東エルサレム、シルワン地域の家族に連帯して、月曜日、世界中で座り込み抗議テントを立てる。
 どうやらCommunity of Sheikh Jarrah Residents(シェイフ・ジャッラ住人社会)というグループにより組織されたデモンストレーションは、イスラエル警察により繰り返し解体されて悪評をもたらした、東エルサレム、シェイフ・ジャッラ地区に立てられたテントをほのめかす。
 テントは、最近家屋を破壊された家族の家に立てられたが、家屋破壊に反対するパレスチナ人の努力の象徴と代わった。
 同様のテントが、グラスゴウ、ロンドン、シカゴ、ニューヨーク、アイルランド、サンフランシスコ、チェコ、エジプト、スウェーデン、デンマーク、スペイン、オランダといったいくつかの国や首都で、イスラエル大使館や領事館の近くに、次の月曜日、立てられるとグループは語った。

全文:Ma'an News Agency



posted by mizya at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。