2009年07月15日

UNDP:ガザで420トンの瓦礫を取り除き始める

2009年07月13日、ガザ、Ma’an

 パレスチナ・ブルドーザーと建設車両が、月曜日、イスラエル軍用機が破壊してから6カ月以上経って、ガザの「サラヤ」治安施設の瓦礫を取り除き始めた。
 複合施設は、イスラエルによるガザ攻撃の2日目、2008年12月28日、イスラエルのミサイルにより破壊された。
 United Nations Development Program (UNDP/国連開発計画)による資金提供の事業に、パレスチナの事実上の政府の公共事業省車輌が使われた。

全文:Ma'an News Agency


ラベル:UNDP ガザ
posted by mizya at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。