2009年07月16日

イスラエル:女囚虐待で非難

2009年07月15日水曜日、エルサレム(AFP)

 人権団体は、国連支援で発表された報告書で、妊娠している囚人が出産に病院に向かう時でさえしばしば拘束されていると、イスラエルのパレスチナ女囚の待遇を酷評した。
 女囚は「男用に設計され、女の必要に応えていないイスラエル刑務所、拘留センター」に捕われると、United Nations Development Fund for Women (UNIFEM/国連婦人開発基金)の助成を受けるAddameer Prisoner Support and Human Rights Associationによる報告書は述べる。
 妊娠拘留者は「食事に関し、収監場所でも病院に移送されても特恵待遇をうけていない」と報告書は述べる。「妊娠している囚人はまた分娩室に入るまで、ベッドに鎖でつながれ、出産後、またつながれる」

全文:Yahoo!NEWS


ラベル:イスラエル 女囚
posted by mizya at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。