2009年07月17日

アルジャジーラ停止:報道の自由違反

2009年07月16日、MIFTAH

 Palestinian Initiative for the Promotion of Global Dialogue and Democracyは、パレスチナ政府(PA)による、西岸でのアルジャジーラ衛星チャンネル事業に対する最近の停止で大いにかき乱されている。7月15日に発表された停止は、PAが、政府に対するチャンネルの「煽動と偽情報」と呼んだものを背景として伴った。サラーム・ファイード首相の事務所はまた、PAが、同じ罪でアルジャジーラを告訴すると発表した。

 MIFTAHは、報道の自由に対する明白な違反、パレスチナ基本法(第19条):「人はすべて、思想・良心・表現および意見表明の権利を有する」で定められたと推定できる権利に対する違反を懸念する。PAが決定を撤回し、西岸で、アルジャジーラに事業を再開させるよう要請する。

全文:MIFTAH

関連記事:「なぜパレスチナ指導者はアルジャジーラを禁じたか」The Christian Science Monitor


posted by mizya at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。