2009年07月21日

調査

2009年07月16-22日、AL-AHRAM
UN Special Rapporteur on Human Rights in the Palestinian Territories(国連パレスチナ人権特別査察官)、リチャード・フォークが、ガザでの国連真実調査団に準備される圧力について、Amira Howeidyに語る

 今年1月、イスラエルの空爆によりガザ自宅で、両親と兄弟を殺されたパレスチナ少女、Fathiya Moussaは、なぜ孤児になったのか知りたがっている。 彼女は「わたしたちは、調査を望む」と語り、7月2日に発表されたアムネスティ・インタナショナル報告書に引用された。
(中略)
 Fathiyaと何万人ものパレスチナ戦争犠牲者が、製作途上と予測する「調査」(報告書)は、しかし、製作されていないかもしれない。国連指名のガザにおける戦争独立真実調査団は、ガザとジュネーブでそれぞれ6月、7月はじめと、ふたつの分かれた公聴会の後、先週仕事を終えた。使節団のトップ、南アフリカ共和国判事、リチャード・ゴールドストーンによると、パレスチナ人とイスラエル人双方を含む公聴会は、戦争犠牲者に顔と声を与えるつもりだった。
(中略)
 UN Human Rights Council's special rapporteur for Palestine(国連人権理事会のパレスチナ特別査察官)、リチャード・フォークは、公聴会が「実情の可能な限り多くの認識を得るための、非常に革新的で丁寧で有益な技術」と述べる。リスボンからのAl-Ahram Weeklyとの電話取材で、フォークは付け加えた:「ひとつは、イスラエル攻撃により体験された現実と確かな直接的議論、重要な洞察が提供される犠牲者自身を伴う公聴会の再構成を試みること」

全文:AL-AHRAM

アーカイヴ:国連人権使節:ガザで凄まじい証言を集る(07月02日)


posted by mizya at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。