2009年07月25日

アルゼンチン:デモ参加者がイスラエル外相「歓迎」

2009年07月24日金曜日、PRESS TV

 イスラエル外務大臣、アヴィグドール・リーバーマンは、多くがラテンアメリカの国への彼の訪問に抗議して街頭デモをした頃、アルゼンチンに到着した。
 リーバーマンのアルゼンチン訪問は、イスラエル外務省が、ラテンアメリカの国ぐにに、イランの増加する侵害に対抗するよう言うための、南米国家への10日間ツアーの最新の行程である。
 首都、ブエノスアイレスで、数百人が、彼の訪問と中東でのイスラエル政策に反対してデモをしたと、AP通信は報じた。

 外務大臣は、ラテンアメリカの国との共同で、反イラン協力戦線樹立への支持獲得に失敗した最初の訪問国、ブラジルの後、アルゼンチンに到着した。
 ブラジルで、リーバーマンは、ブラジル大統領、ルイス・イナシオ・ルラ・ダシルバと彼の片割れ(ブラジル外相)、Celso Amorimとの共同記者会見に加わった。
(中略)
 イランに対するスタンスを変えるよう求めるイスラエルへの返答に、ブラジル外務大臣は「もっぱら非軍事」目的で「証明可能な」枠組みの中で、テヘランの核技術開発を擁護した。

全文:PRESS TV


posted by mizya at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。