2009年07月26日

イスラエル軍:ガザからの西岸への途中、サッカー選手を拘束

2009年07月23日木曜日、ガザ、Ma’an

 イスラエル軍は、木曜日午後、エレツ検問所を通ってガザを出ようとしたパレスチナサッカー選手を拘束した。

 ラファチームの前フォワード、マフムード・カメル・アッサルサクは、バラタチームに加わり、フットボールの経歴を続けると期待されたナブルスに向かう途中だった。アッサルサクと同道していた他の2人のフットボール選手は、検問所で追い返され、若い選手はイスラエル拘置所に連行された。
 マフムードの兄弟、イマド・アッサルサクは、兵士たちが彼をアシュケロン刑務所に連行したと語り、家族のだれにも彼に対するいかなる罪過も知らせなかったと強調した。

原文:Ma'an News Agency


posted by mizya at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。