2009年07月26日

ギリシア東方正教会総主教が東エルサレムの土地没収をブロック

2009年07月25日、エルサレム、Ma’an

 ギリシア東方正教会総主教、Theophilos三世が、イスラエルのエルサレム自治体による、ベイト・サファファ村に近い43ドナムの教会所有地没収の最近の目論みをブロックし遂げたと、土曜日、役員は語った。

 総主教の代理人、パレスチナ人弁護士は、道路拡張と公共施設建設の命令で、ギリシア東方正教会所有財産を没収する自治体内イスラエル地域計画委員会による最近の決定に対し、控訴したとMa'anに語った。
 弁護士、Rami Al-Mughrabiは、全キリスト教議会による決定の後、教会は、総主教と従う人びとにより建設を禁じた「緑の地」に、建造物を開発するイスラエルの決定と闘うと決めた、とつけ加えた。
 総主教報道官、Issa Musleh神父は、イスラエルによるより多くの土地没収を止める過程は、エルサレムの教会の優先事項になってきていると注意を喚起した。彼は、そのような計画でイスラエルに挑戦することは、聖地と所有財産を護る、また、聖地でのキリスト教徒の存在を回復する教会目標の総合的総主教のポリシーの中心であると主張した。

全文:Ma'an News Agency


posted by mizya at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。