2009年07月29日

アルアクサーで、松の木倒れる:イスラエル発掘の責任と委員会

2009年07月28日、エルサレム、Ma’an

 パレスチナは、火曜朝、聖地の縁の非常に古い木が倒れたことの原因が、イスラエルのアルアクサーモスク複合施設の地中発掘にあると非難した。
 Cotton Marketの近くのQaytbay路地近くに根づく、殆ど古代松の倒壊は、エルサレム寄金事務所の総代表が組織する委員会により調査されるだろう。
 事務所は、イスラエルの掘削機が掘り返す、モスクとその複合施設の地中で進む、根系を破壊する発掘に続き、何本かの木が立ち枯れて倒れたと語った。

原文:Ma'an News Agency


posted by mizya at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。