2009年07月29日

アレンビー:業務時間を真夜中まで延長

2009年07月28日、Ma’an

 民事局トップ、フセイン・アッシェイフによれば、イスラエルは、旅行者と貨物のため、8月4日から、アレンビー橋の開業時間を真夜中まで延長することに同意した。

 イスラエルがパレスチナ人のベングリオン国際空港利用を禁止したので、パレスチナ当局が、西岸パレスチナ人のヨルダン経由の海外旅行を容易にするため、イスラエルに開業時間延長を要請したと、火曜日、アッシェイフは説明した。
 アレンビー橋は、それをアル-カラメと呼ぶ西岸のパレスチナ人が利用可能な唯一の国際的国境検問所である。エリコの東、5キロメートルに位置し、橋は古代ヨルダン川にかかる。
(中略)
パレスチナ人と外国の旅行者のみ、この橋を利用できる。パレスチナ系イスラエル市民は利用できない。現在、2つに分かれた通路がある:ひとつはパレスチナ人用、もうひとつは旅行者とその他用。外国人旅行者用は、PA職員ではなく、イスラエル国境警備によってのみ配置される。

全文:Ma'an News Agency


posted by mizya at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。