2009年08月01日

Code Pink:Ahavaボイコットを呼びかけ抗議

ワシントン:アメリカ反戦運動は、Mitzpe Shalem入植地で「占領地の盗んだパレスチナの天然資源から」化粧品を製造する死海の企業に対し、『盗まれた美』キャンペーン、第4に着手する。
Anat Shalev
2009年07月30日、Ynet

 ビキニ姿の何十人もの女たちが、水曜日、ワシントン化粧品店の近くで、西岸のイスラエル入植地、Mitzpe Shalemで生産されるAhava化粧品購入に抗議した。
 抗議は、American Code Pink anti-war movement(アメリカCode Pink反戦運動)により開始され、デモンストレーターの体は泥で筋が入れられ「Ahavaは汚い企業」とのメッセージが込められた。

3&91.jpg

全文:Ynet news.com

関連記事:「BDS:アメリカスタイル」Jews sans frontieres


posted by mizya at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。