2009年08月03日

イスラエル、ガザでの「イスラエル防衛軍犯罪」を暴くグループへのイギリス基金を標的にする

2009年07月29日、Haaretz
Barak Ravid

 イスラエルは、ガザでのイスラエル防衛軍(IDF)による戦争犯罪を記述して人目にさらすグループへの、EUの資金提供に対し、外交圧力を強め続ける。
 外務省の副事務次官、Rafi Barakは、先週、パレスチナ領域で任務に就いた兵士らから証言を集める、元IDF兵士によって設立された組織「沈黙を破る」へのイギリスの財政的貢献について「関心」を表明した。

全文:HAARETZ.com

アーカイヴ:オランダ当局:左翼グループへの資金提供でのイスラエルの不平を否定(07月29日)

「沈黙を破る」が来日したとき、わたしも黒い表紙の「証言集」を3冊求めた。次の活動の資金になるから。そのように、世界中の人びとが考えている。
 HAARETZの記事の表題のように、「沈黙を破る」が「左翼」とも思わない。彼らは徴兵され任務に就いた。兵役を拒否して刑務所に捕われる若者だっているのだから。
posted by mizya at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック