2009年08月03日

イスラエル:金曜日にガザ通商検問所閉鎖

2009年7月31日金曜日、IMEMC
Saed Bannoura

イスラエルは木曜日、金曜日にガザ3ヵ所(つまりすべて)の通商ターミナル(検問所)を閉鎖すると発表、閉鎖の理由など、より詳細な情報は提供しなかった。

 イスラエルは、Karem Shalom (Karem Abu Salem)検問所が日曜日まで、エレツ・ターミナルとアッシュジャイヤ (Nahal Oz) 検問所も閉鎖されると語った。
 イスラエルが、まだ建設資材、ガザで絶望的なまでに必要とされる医療機器の搬入を制限していると言及する価値がある。
 何百人もの患者が、ガザを離れるのを禁じられて、亡くなり、ガザの病院が基本的医療品を使い果たし、医療機器の修理・維持の補充が緊急に必要とされている中、何百人もが重症で残っている。

 米国大統領、バラク・オバマは、6月4日のスピーチで、ガザ回廊の迅速な再建を呼びかけ、ガザの人道危機はイスラエルの安全保障に役立たないと付け加えた。
 国際社会は、ガザ再建に52億ドルを誓約したが、誓約金はイスラエルの拒絶と制限のためガザに搬入できないでいる。
 先週、ガザ回廊のハマース組織は、保安部隊と武装勢力の再建に援助金を使用する計画との、イスラエルの主張を退けた。

原文:International Middle East Media Center

関連記事:「ガザから供給が失せ『医療災害』がすぐそこ」Ma'an News Agency

アーカイヴ:ノルウェー赤十字がガザ封鎖終結を要請(07月08日)


posted by mizya at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。