2009年08月11日

入植地に関するイスラエル大臣の発言:2題

イスラエル大臣が入植地拡大を宣伝
2009年08月10日月曜日、エルサレム(ロイター)

 ベンヤミン・ネタニアフ首相の主要な連立政党は、月曜日、米国の反対にかかわらず、占領地でのユダヤ人入植飛び地を拡大する計画を進めなければならないと語った。
 宗教的シャス党の内務大臣、エリ・イシャイによる所見は、占領下西岸での入植地建設を凍結せよとの、ワシントンの要請を拒絶する右翼連立政党からの、ネタニアフが直面する圧力を例証した。

全文:Yahoo! news

ネタニアフ:決して占領地から入植者を立ち退かせないと誓う
2009年08月10日月曜日、Agence France Presse (AFP)
占領下エルサレム

 ベンヤミン・ネタニアフ首相は、日曜日、イスラエルが2005年にガザでしたように、パレスチナ占領地からユダヤ人入植者を決して立ち退かせないと誓約した。

全文:THE DAILY STAR

 暗澹たる気分にさせられるので、この類いの記事は翻訳の情熱が湧かない。まあ、いつもながら、面倒なだけ、ともいえる。


posted by mizya at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。