2009年08月13日

追い立てられたパレスチナ家族に連帯のキャンドル・ヴィジルがシェイフ・ジャッラで

2009年08月10日、International Solidarity Movement

午後8時、およそ200人のパレスチナ人、イスラエル人、国際連帯活動家らは、ハヌーン家の追い立てられた家の前に集まった。イスラエル警察が張り付く中、デモンストレーターは、追い立てを避難するサインやポスターを照らし出す蝋燭に火をともし、家を返すよう要求した。交通整理が警笛を吹く中、平穏に、人々は、家族支持を歌い話した。

3810507037_66b704afe4_o-150x150.jpg

全文:International Solidarity Movement

アーカイヴ:空の下で眠るもう1日:シェイフ・ジャッラの状況とガウィ家・ハヌーン家の不確実な宿命(08月09日)
posted by mizya at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック