2009年08月14日

イスラエル:人権団体の動機に疑問

2009年08月13日、AlJazeeraEnglish

Human Rights Watch(HRW)は、1月のガザ攻撃で、無法に11人のパレスチナ市民を殺したことで、イスラエル兵士を避難した。『ガザで白旗を掲げ殺された市民』は、パレスチナ人に対するイスラエルの行動を避難するHRWの5カ月で3番目の出版となる。

批判に対する反撃で、イスラエル政府はどうやら人権擁護団体を疑うキャンペーンを開始した。
アルジャジーラのダン・ノーランがエルサレムから報告する。

http://www.youtube.com/watch?v=V-h-MGF7vFo

関連:Human Rights Watch報告書(PDF)『白旗の死』はここ

アーカイヴ:イスラエル、ガザでの「イスラエル防衛軍犯罪」を暴くグループへのイギリス基金を標的にする(08月03日)


posted by mizya at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。