2009年08月15日

イスラエル軍、アル-ワラジャを奇襲、建設資材を奪う

2009年08月12日水曜日、ベツレヘム、Ma’an

 目撃者によると、イスラエル軍は、水曜日、西岸南部の村、ベツレヘムに近いアル-ワラジャを奇襲、建設資材と設備を押収した。

 イスラエル国境警察、正規軍兵士ら、エルサレム自治体チームが村に侵入し、ハーリド・ハララ所有の建築中の建物を取り囲んだ。
 イスラエル兵員らは、3階建て600平米に設計された建物の屋根建設に使われるレンガと補強鉄筋を押収した。

 ハララの甥、スレイマンは、近くのハル・ギロ入植地に住んでいる入植者らが、(建築中だった)建物に対し「家からの景観を台無しにする」と主張、陳情したので、イスラエル当局が工事を止めたと非難した。彼は、彼のおじが、イスラエル裁判所に工事続行を許可するよう請願を提出したと説明した。 公聴会が木曜日に予定されていたが、9月まで延期されたと、彼は語った。

全文:Ma'an News Agency

 丘の樹木を根こそぎにして、必ず丘のてっぺんに建設される幾何学的で要塞のようなユダヤ人入植地の方が、どれほど景観を破壊しているかしれない。盗んだ土地に心の痛みもなく住まう、精神の腐敗と相まって、醜悪きわまりない。
posted by mizya at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック